上海外國語大學とのオンライン交流授業を実施

2020.07.03

2020年5月28日(木)と6月4日(木)の2日間にわたり、本學の世界教養科目「日本語を教える1」(擔當教員:大學院國際日本學研究院 谷口龍子準教授)と、上海外國語大學の日本文化経済學院 高田麻由 日語専家教師(兼上海外國語大學GJOコーディネーター)の「日語演講與公開發表Ⅱ(日本語スピーチ?発表)」とのオンライン交流授業を実施しました。この交流授業はビデオ會議ツールZoomを使って行われ、本學からは71名、上海外國語大學からは36名の計100名強の學生らが參加しました。

1日目の5月28日(木)は、自分にとって大切なことランキング、あるいはドラえもんのひみつ道具ランキングについて、15のブレイクアウトルームに分かれてグループディスカッションを行いました。2日目の6月4日(木)には、1日目のグループディスカッションで話し合った內容について、各グループで発表しました。

本學の學生からは、「上海外大の學生たちの日本語のレベルが高く、表現もかっこよかった。自分も専攻語であのぐらいのレベルになりたいと思った」「互いの価値観の共通點や相違點に気づき、有意義だった」「意見が分かれる中でグループで1つの結論にまとめる作業が良い経験になった」との感想が、上海外國語大學の學生からは、「日本語を話すことができ、自信につながった」「自分の日本語はまだ下手だが、東京外大の學生さんは辛抱強く聞いてくれて嬉しかった」「自分とは違う意見を聞くことができて面白かった」などの感想が出ており、學習のモチベーションに繋がったようでした。

両學ともに、今學期はオンラインによる授業を実施することになったため、本交流が実現しました。今回をきっかけに、オンラインによる交流の機會を続けていきたいと考えています。

PAGE TOP
做爱网-日本做爱-做爱视屏-日本做爱视频