TUFSフードパントリーで學生を支援

2020.07.15

2020年7月10日(金)に、府中キャンパスにおいて、在學生を対象に、TUFSフードパントリー(食品などの無料配布)を実施しました。

本事業は、5月31日に府中市內で開催されたフードパントリーに多くの在學生が參加したことがわかり、そのことを踏まえ、大學で初めて実施されたものです。

実施に先立ち、アンケート調査を行ったところ、165名の學生から參加を希望する旨の回答があり、その中には、「食事回數を減らしている」、「來月の生計が回らないかもしれない」、「次の収入まで食費が持つか分からない」、「お金の滯納がある」、と新型コロナウイルスの影響で食事などの生活面においても困っている學生が多數いることがわかりました。

食料は、教職員個人からの持ち寄りの他、本學生活協同組合、本學學生後援會、本學留學生支援の會、東京外語會、JAマインズからのご協力により実施されました。

また、フードバンク府中からは、フードパントリー実施に関する詳細な指導、前日準備、當日実施への協力がありました。加えて、今年度の春學期の學部開講「基礎リテラシー」でも授業講演を擔當していただいた府中市消費生活センターからは、生活相談としての窓口として情報提供、グッズなどの提供がありました。

當日は、キャンパス內の國際交流會館や近隣に住む100名を超える學生が參加し、お米やお袋いっぱいの食べ物のセットを持ち帰りました。

參加學生からは、「多くの食糧支援に本當に感謝している。感染拡大の狀況に不安もありますが、みなさんのあたたかなご支援に、自分も頑張ろうと思えた」「コロナの影響でアルバイトが減るなどし収入の減った學生が多い中、このようなイベントを開いてくださったことには感謝している」「オンラインになり毎日三食作るのが大変。食費も増えてしまう。秋學期もオンラインが多いのでこのまま食費が増えたままの狀態が続くと思うと心配している」などのコメントが寄せられました。

PAGE TOP
做爱网-日本做爱-做爱视屏-日本做爱视频