東京外國語大學出版會

出版會について

読者のなかに、ある反響を生みだしたい

巖崎稔(本學大學院教授?出版會編集長)

 東京外國語大學は、情報を蓄積し、伝達するだけではなく、それを形ある“書物”として丁寧につくりあげ、知性にたいする敬愛とともに次世代にしっかりと受け渡していきたい、との強い願いから獨自の出版會を立ちあげました。

 東京外國語大學出版會がめざしている出版活動は、第一に、他の大學では肉薄することのできない國境を越えた言語と文化のリアリティに迫ること。第二に、他大學の追隨を許さない言語教育の教材とスキルを提供すること。そして第三に、空間と歴史の両面からアプローチした世界の政治?経済?文化の“認識”と“思考”の手助けとなる道具を整えることです。つまり社會と知性とのあいだにある媒介的な領域での出版活動です。

 不確かだけれども、まぎれもなく存在している読者をつねに意識し、その存在のなかに、ある反響を生みだしたい。これが東京外國語大學出版會の出版理念であり、大望です。
 いまデスクには、世の中に出ようとする企畫がひしめき合っています。これまで以上に熱い知を発信しつづける出版會に、ご期待ください。 

2010年10月

ピエリア?ブックスの由來

巖崎務(本學大學院教授?出版會編集委員)

 古代ギリシア人たちは、オリュンポス山を神々の住まうところと想像しましたが、ピエリアとはその北麓にあたる區域を指しています。地上に向かう神々が最初に降り立つ地であり、また何より、女神ムーサ(ミューズ)たちの生誕地とも見なされました。知られるとおり、ムーサは詩文や蕓術をはじめ、あらゆる人間の知的活動を司る女神です。ムーサに見守られた者の口からは優美な言葉が流れだす、と古代の詩人は歌いました。
 また、ピエリアの地でムーサたちの母となったのは「記憶」の女神ムネモシュネ。したがって、忘れてはならない大切なことを伝えていくのもムーサたちの働きです。はじめは口伝えで歌い継がれたものが、やがて書物という形をとりました。
 どうか、ピエリアと名づけたわたしたちの叢書と冊子が、ムーサの知恵と未來へと受け渡す優美な言葉に満ちたものになりますように。

* 「Pieria Books」は、たしかな知識と柔軟な思考、そして豊かな精神を育むために、國際性?學際性に富んだ多彩なテーマを社會に提供する東京外國語大學出版會の叢書です。
* 「読書冊子 Pieria」は、多くの書物を読み継いできた本學の教員から、未來への希望と可能性にあふれた新入生や在學生にむけて編まれた、東京外國語大學出版會と本學附屬図書館の共同企畫による読書冊子です(毎年4月発行)。

2010年10月

本學獨自の多彩な成果を発信します

谷川道子(前本學教授?ドイツ文學者)

 2007年の秋以來、設立に向けて準備を進めてきました本學出版會がいよいよスタートします。新たに発足する出版會では、言語?地域研究?人文學という本學の教育研究分野をふまえ、啓蒙書として多彩なテーマを取り扱うオリジナルな叢書、多様な研究分野における優れた學術書(翻訳書を含む)、豊富な教育経験に基づいた語學の教材などを中心に、本學獨自の教育研究成果を社會に発信してゆきます。
 厳しい出版狀況の中での船出ではありますが、「矛盾こそ希望だ」というブレヒトの言葉を胸に、エディターシップをもった學內組織の出版會という新たな試みに挑戦し、企畫?編集機能を十全に発揮した丁寧な本づくりによって、選りすぐりの企畫を出版物として提供していく決意です。
 目下、2009年3月の刊行開始をめざして、鋭意、編集作業を進めています。本學の豊かな知的資源とその魅力を多くの人々に伝える出版活動に、ご支援?ご協力のほど、よろしくお願い致します。

2008年10月

本學出版會の設立にあたって

亀山郁夫(本學學長?ロシア文學者) 
 
 本學では、世界諸地域の言語?文化?社會に関する教育と研究を通じて、地球社會における共存?共生に寄與することをめざす本學の基本目標をふまえ、教育研究成果の発信力強化を掲げる「アクション?プラン2007」に基づき、出版會を設立することになりました。
 110年以上におよぶ本學の歴史のなかで蓄積されてきた〈世界知〉の資源とその経験は、地球社會がいま直面している諸問題の解明に大きな力となるはずです。新たに船出する本學出版會では、そうした豊かな〈世界知〉の蓄積を活用して日々取り組まれている教育?研究の成果を広く社會に発信し、さらなる教育?研究活動の振興と、地球社會との協働を促進していくための知識の普及をめざします。
 出版會の設立にあたり、本學関係者、ならびに卒業生のみなさま、各関係機関のみなさまには今後ともご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

2008年10月

ページの先頭へ戻る

Copyright

做爱网-日本做爱-做爱视屏-日本做爱视频