HOME > 香港危機関連

2020.1.13 『香港危機の深層』出版記念シンポジウム 香港危機に終わりはあるのか?

セッション「運動の深層を読み解く」
倉田徹(本書執筆者,立教大學)【司會】
廣江倫子(本書執筆者,大東文化大學)
澤田ゆかり(本書執筆者,東京外國語大學)
村井寛志(本書執筆者,神奈川大學)
遊川和郎(亜細亜大學)【コメンテーター】

ゲストスピーチ
伊勢崎賢治(東京外國語大學)「香港國際選挙監視団に參加して見た“暴徒”」
周庭(香港衆志メンバー)「現場から見る香港の運動と日本」*ネット中継

ラウンドテーブル「運動の現場とカルチャー」
倉田明子(本書執筆者,東京外國語大學)【司會】
小出雅生(本書執筆者,香港中文大學)
伯川星矢(本書執筆者,香港出身,ライター)
小栗宏太(本書執筆者,東京外國語大學博士後期課程)
上原こずえ(東京外國語大學)

日時:2020年1月13日(月?祝)13:00~17:30
懇談?意見交換會〈立食〉18:00~,參加費4,000円

會場:東京外國語大學プロメテウスホール
東京都府中市朝日町 3-11-1 參加無料
西武多摩川線多磨駅下車徒歩5分
京王線飛田給駅北口からバス、「東京外國語大學前」下車

一般公開
參加無料

主催:東京外國語大學海外事情研究所
東京外國語大學出版會
科研費「香港に見る中國的価値観の受容と抵抗:周辺地域への示唆」
共催: 科研費「記憶論的転回以後の集合的記憶論の學際的再検討」
科研費「グローバル化と『共感の共同體』―19世紀後半から20世紀後半を中心に―」

シンポジウムは事前登録制です(先著順)
お申し込みは
https://ws.formzu.net/dist/S27595899/
より
お問い合わせ:symposium0113@zohomail.com

『寫真で見る香港の今』初沢亜利氏寫真展を同時開催中。1月7日~15日,東京外國語大學研究講義棟ガレリア

詳しくは、こちらをご覧下さい。

2020.1.14 特別授業 香港危機の深層の読みとき方

講師

倉田徹 立教大學法學研究科教授
1975年生まれ。2003-06年に在香港日本総領事館専門調査員。著書に『中國返還後の香港』(名古屋大學出版會、2009年、サントリー學蕓賞受賞)、共著に『香港:中國と向き合う自由都市』(巖波新書、2015年)、 編著に『香港の過去?現在?未來』(勉誠出版、2019年)、共編著に『香港を知るための60章』(明石書店、2016年)ほか。

初沢亜利 寫真家
1973年フランス?パリ生まれ。上智大學文學部社會學科卒業。寫真集に「Baghdad2003」「True Feelings 爪痕の真情」「隣人、38度線の北」「沖縄のことを教えてください」「隣人、それから。38度線の北」がある。東川賞新人作家賞、日本寫真協會新人賞、さがみはら寫真新人奨勵賞受賞。植民地主義をテーマに寫真作品を制作している。

周庭 香港バプテスト大學在學、香港衆志メンバー *ネット中継
2012年の「反愛國教育運動」の際、高校生の政治団體「學民思潮」に參加。2014 年の雨傘運動では一時期「學民思潮」 のスポークスパーソンを務める。2019年の反逃亡犯條例運動では、日本語によるツイッターが注目されている。

2020年1月14日(火)17:45~19:30

研究講義棟 227教室

問い合わせ:倉田明子研究室
akurata@tufs.ac.jp

詳しくは、こちらをご覧下さい。

2020.1.15 TUFS歴史?地域研究セミナー “情報戦”から考える香港

発表者

エン シンキョク(総合國際學研究科博士後期課程)
「中國メディアにおけるナショナリズム~香港社會運動に関する報道を中心に」

小栗宏太(総合國際學研究科博士後期課程)
「キーワードとシンボルから見る香港デモ~パロディ、広東語、ポップカルチャー」

コメンテーター
林定緯(総合國際學研究科博士前期課程)?倉田明子(本學教員)ほか

2020年1月15日(水)17:45~19:30
海外事情研究所會議室(427教室)

主催:海外事情研究所(お問い合わせ ifa@tufs.ac.jp)
共催:科研「グローバル化と『共感の共同體』―19世紀後半から20世紀後半を中心に」(代表:伊東剛史)

詳しくは、こちらをご覧下さい。

▲ページトップに戻る

 

做爱网-日本做爱-做爱视屏-日本做爱视频